ぼんでんの徒然日記Ⅱ

長崎の話題を中心に、自由気ままにつづった日記です。

プロフィール

ぼんでん

Author:ぼんでん
当ブログへようこそ!
ぼんでんの徒然日記がFC2に移転してまいりました。
長崎の話題を中心に、長崎のイベント、祭り、ニュースその他時事問題に至るまで自由気ままにつづっていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

足跡帳はここをクリック訪問記念に一言コメントをどうぞ!!

スポンサー

参加ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 長崎(市)情報へ 人気ブログランキングへ

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2アフィリエイト

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日は、この時期としては珍しくまとまった雨が降りました。水不足に悩む県北地域は恵みの雨となったことでしょう。

さて、先日民主党がガソリンの暫定税率を廃止することを掲げ、今通常国会で攻勢を強めていますが、昨日、閣僚が「地球温暖化に逆行する」として批判しました。ガソリン税は、主に道路を作るために徴収される目的税。年間、国と地方分合わせて五兆円もの税収になるそうです。ガソリン税のうち、その半分が暫定税率だそうです。

閣僚は、「地球温暖化に逆行する」として、民主党を批判しています。たしかに、ガソリンが高くなると利用が減り、CO2排出量は減るかもしれません。私は、何も暫定税率をずっと廃止というのではなく、現在原油が高騰し景気に影響してくることを懸念しているのであって、ある一定の時期だけでも暫定税率を引き下げるということでもよいと思います。

私は、政府与党がなぜ何が何でもガソリン税の暫定税率を来年度もそのままにしておきたいのか、道路族などの族議員が背景にあるのではないかと疑ってしまいます。また、国土交通省の利権なども絡んでいるように思えます。推測で物を言っては失礼ですが…。

大都市では、交通網も発達し車無しでも暮らすことができますが、地方は都会ほど交通網は発達しておらず、特にへき地ではバス路線も廃止されつつあります。

ずっと暫定税率を下げろとはいいません。一時期だけでも廃止もしくは税率を下げてもいいのではないでしょうか。原油の値段が落ち着き安定してから暫定税率を元に戻すのもよいのではないかと思います。

原油高による景気後退がすすまないよう、先日の記事と重複しますが、政府、そして国会議員の先生方には今通常国会にて大いに議論し、庶民の視点に立って政治をすすめていっていただきたいと思います。

FC2 Blog Rankingに登録しました。よろしければクリックお願いいたします。今後の更新の励みになります。

c_01.gif


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©ぼんでんの徒然日記Ⅱ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。