ぼんでんの徒然日記Ⅱ

長崎の話題を中心に、自由気ままにつづった日記です。

プロフィール

ぼんでん

Author:ぼんでん
当ブログへようこそ!
ぼんでんの徒然日記がFC2に移転してまいりました。
長崎の話題を中心に、長崎のイベント、祭り、ニュースその他時事問題に至るまで自由気ままにつづっていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

足跡帳はここをクリック訪問記念に一言コメントをどうぞ!!

スポンサー

参加ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 長崎(市)情報へ 人気ブログランキングへ

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2アフィリエイト

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

先日、平成19年度の長崎市都市景観賞の四部門の受賞作品が発表されました。都市景観賞は、自然環境を生かし、歴史的な文化遺産を継承しながら人間のふれあいのある都市、洗練されたまちづくりに寄与する作品に対して贈られる賞で、隔年で開催されています。今回は、95件の応募の中から、次の四部門の受賞作品が決まりました。

大きな建物部門「親和銀行大波止支店」

親和銀行大波止支店

建築家の故白井晟一氏が手がけた建物で、重厚なデザインが町並みの中で存在感を放つと評価されました。

小さな建物部門「BAR猪ノ口屋」

BAR猪ノ口屋

明治後期から大正初期に築造されたといわれている木造二階建ての建物で、外装や柱をそのまま残したデザインが受賞の理由となりました。

歴史のある部門「文明堂総本店」

文明堂総本店

県庁のすぐそばにある文明堂総本店は、多くのビルが建ち並ぶ交通量の多い大波止交差点に面した国道沿いにありながら、半世紀以上も前の昭和27年(1952)に建築されたその建物は和風のたたずまいを保っており、その点が評価されました。

また、庭園や通りなどを対象に選考時に賞の名称をつける「テーマ部門」は、禅林寺から皓台寺にかけての寺町通りが選ばれました。

テーマ部門「鐘音が響き渡る石垣の続くまちなみ賞」

寺町通り

寺町通りは、江戸時代から残っているの寺の石垣が続く通りで、町の真ん中にありながら落ち着いた雰囲気を感じることができる通りです。

時代とともに、長崎の町並みも変わっています。特に近年市街地のマンション建設が盛んでその町並みも大きく変わってきました。長崎は、特徴のある歴史を持っています。そして、その歴史的背景とともに現代の建物と調和のとてた町並みをつくっていくことが大事だと思います。ただ、無秩序に建物をつくっていくのでは、美しい街というのはできあがらないと思います。都市景観賞のように、参考となる建物を表彰していくことによって、長崎に暮らす人々、そして長崎を訪れる人々が心地よい、美しいと思えるようなまちづくりを目指して欲しいと思います。

参考資料:長崎新聞2008年1月24日朝刊
参考サイト:長崎市の都市景観




FC2 Blog Rankingに登録しました。よろしければクリックお願いいたします。今後の更新の励みになります。

c_01.gif


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©ぼんでんの徒然日記Ⅱ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。