FC2ブログ

ぼんでんの徒然日記Ⅱ

長崎の話題を中心に、自由気ままにつづった日記です。

プロフィール

ぼんでん

Author:ぼんでん
当ブログへようこそ!
ぼんでんの徒然日記がFC2に移転してまいりました。
長崎の話題を中心に、長崎のイベント、祭り、ニュースその他時事問題に至るまで自由気ままにつづっていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

足跡帳はここをクリック訪問記念に一言コメントをどうぞ!!

スポンサー

参加ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 長崎(市)情報へ 人気ブログランキングへ

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2アフィリエイト

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日、長崎市の桜の開花が発表されました。平年より1日早く、去年と同じ日の開花だそうです。今月末には、、満開の桜が堪能できそうです。

さて、今日松が枝国際観光埠頭にオランダ船籍の国際観光客船「スタテンダム」(総トン数: 55451トン)が入港しました。

スタテンダム


今回ニュージーランドのオークランドを出発した「スタテンダム」は、ラバウル、ヤップ諸島、グアム、サイパン、硫黄島、那覇などの太平洋戦争の激戦地を回るツアーだそうです。そして、被爆都市・長崎を訪れたということです。船にはアメリカ退役軍人やその家族が多く乗っており、そのほとんどの人が、原爆資料館や平和公園を巡り、被爆地である長崎を学んだそうです。今でも、原爆は、戦争を早く終わらせるために投下したと考えるアメリカ人が多いですがが、今日、原爆資料館で、資料や写真などを観て、どう感じたのでしょうか。恐らく、ショックを受けた方々もいらっしゃることでしょう。核兵器という兵器が、いかに非人道的であるかがわかると思います。少なくとも、今日長崎を訪れたアメリカ人の方々は、核兵器は必要ない思って欲しいと思います。

核保有国はまだ、核兵器を放棄しようとはしていません。核兵器を廃絶させるためには、広島、長崎で、何が起こったのかを知る必要があると思います。

次に、先日の記事で紹介した「マーシャル諸島ハンドブック」の著者・竹峰誠一郎さんから、平和学について市民講座開講のお知らせをいただきましたので、紹介します。首都圏の方(東京都町田市近郊)が対象ですが、興味のある方はぜひお申し込みください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2008年度 和光大学(町田市)オープンカレッジ(市民講座)
       ただいま申し込み受付中!!(4月14日まで)

◆見えない核の脅威―ヒロシマ・ナガサキ平和学(5日間:6~8月土曜午後)

◆戦争遺跡をめぐる―歩く平和学(5日間:5~7月土曜午後、一部日曜)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■講座名 見えない核の脅威――ヒロシマ・ナガサキ平和学

■講座内容
 この夏63年を迎えるヒロシマ・ナガサキと世界のヒバクシャから「見えない核の脅威」への理解を深めます。被爆者をゲストに迎え、GHQ占領下の「空白の10年」の映像を交え、<原爆被災者が生き抜いてきた軌跡>を見つめます。さらに<日本政府の被爆者対策>を、ヒロシマ・ナガサキ以外の戦争被災者や、第五福竜丸や原発被災者と結んで検討します。他に<憲法9条と原爆投下>の結びつきや、<世界のヒバクシャ>、<六ヶ所村>、<世界の核情勢>などもあつかいたいと考えています。最終回の8月9日はフィールドワークを予定しています。場所は初回の講座で決めます。

■講座予定 (5日間・全10コマ分)13:00-16:10
1)6/ 7(土) 2)7/19(土) 3)7/26(土) 4) 8/2(土) 5)8/9(土)
*1)~4)は和光大学ぱいでいあ教室(鶴川駅徒歩1分)で開講します。最終回はフィールドワーク先の現地集合現地解散となります。
*テキストは『<市民講座 いまに問う>ヒバクシャと戦後補償』(定価1365円)を使用します。初回の講座で販売します。

■担当  竹峰誠一郎(和光大学兼任講師、早稲田大学院生)
■受講料  一般1万5000円(1コマあたり1500円)  高校生3000円
■定員  20名(申し込み先着順)

■受講申し込み 
・下記のURLから直接できます。
  http://www.wako.ac.jp/kaihou/koza08/detail.php?id=60 
 *申し込まれる前に、「受講のご案内」をお読み下さい。
http://www.wako.ac.jp/kaihou/information.html
 *郵送やFAXでの申し込みを希望される方は、↓を参照下さい。
http://www.wako.ac.jp/kaihou/information.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■講座名 戦争遺跡をめぐる――歩く平和学

■講座内容
 アジア・太平洋戦争の傷痕をいまに伝える「戦争遺跡」を歩きます。靖国神社と遊就館(千代田)、生物・化学兵器や風船爆弾を開発していた「旧陸軍登戸研究所」(川崎)、全長10キロにもおよぶ「浅川地下壕」(八王子)に行きます。さらに帝都東京を守る要塞地帯とされ、本土決戦用に造営された戦争施設が数多く残され、「慰安婦」の碑がある南房総(館山)へも足をのばす予定です。
 フィールドワーク先では、「靖国博士」と呼ばれている方や地元で戦争遺跡の発掘と保存運動に取り組んできた方に直接ガイドしてもらいます。戦争遺跡がもつ「平和の語り部」としての可能性や、「戦争遺跡」と「地域づくり」の結びつきにも言及しながら展開します。

■講座予定 (5日間・全12コマ分)
1)5/10(土)13:00-16:00 2)5/24(土)14:00-17:00 3)6/21(土)14:00-17:00 4)6/28(土)11:00-17:00 5)7/13(日)14:00-17:00
*初回は和光大学ぱいでいあ教室(鶴川駅徒歩1分)で開講します。
*2回目は靖国神社、3回目は登戸研究所、4回目は館山、5回目は淺川地下壕に行く予定で、現地集合現地解散となります。
*館山に行く6月28日(土)の夜は、受講生同士の交流も兼ねて有志で泊まることも検討しています。
*HP上の情報と一部異なりますが、こちらが最新版となります。

■受講料  一般1万8000円(1コマあたり1500円)  高校生3600円
*フィールドワークに伴う交通費は各自の負担になりますのでご了承下さい。

■担当  竹峰誠一郎(和光大学兼任講師、早稲田大学院生)
■定員  20名(申し込み先着順)

■受講申し込み 
・下記のURLから直接できます。
  http://www.wako.ac.jp/kaihou/koza08/detail.php?id=59
 *申し込まれる前に、「受講のご案内」をお読み下さい。
http://www.wako.ac.jp/kaihou/information.html
 *郵送やFAXでの申し込みを希望される方は、↓を参照下さい。
 http://www.wako.ac.jp/kaihou/information.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■






FC2 Blog Rankingに登録しました。よろしければクリックお願いいたします。今後の更新の励みになります。

c_01.gif


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©ぼんでんの徒然日記Ⅱ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。