ぼんでんの徒然日記Ⅱ

長崎の話題を中心に、自由気ままにつづった日記です。

プロフィール

ぼんでん

Author:ぼんでん
当ブログへようこそ!
ぼんでんの徒然日記がFC2に移転してまいりました。
長崎の話題を中心に、長崎のイベント、祭り、ニュースその他時事問題に至るまで自由気ままにつづっていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

足跡帳はここをクリック訪問記念に一言コメントをどうぞ!!

スポンサー

参加ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 長崎(市)情報へ 人気ブログランキングへ

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2アフィリエイト

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

五月に入ってよい天気が続いていましたが、今日の長崎地方は雨が降っています。明日もぐずつくようです。日曜日は長崎は晴れの予報がでています。

さて、私は、初代メインブログの時から自殺について時々書いてきました。ストレスが多い昨今、いまだに自殺者は平成10年以降年間三万人を超えています。警察庁の資料によると、その半数は無職の方、そして被雇用者と続いています。一昨年は小中学生の自殺が話題になりました。そして、最近は『硫化水素自殺』が新聞紙上を騒がせています。三月下旬からこの約一ヶ月にかけて90人近くの人が硫化水素を発生させて自ら命を絶っているそうです。一昨日も長崎市内の会社の寮で若い男性が硫化水素で自殺しているのが見つかりました。

インターネットの発達で、膨大な情報が氾濫している中簡単に毒ガスを発生できるとして、硫化水素の発生方法を記述したサイトがあるといいます。ドラッグストアなどで簡単に手に入るもので作れることでその数が増えているそうで、硫化水素では『楽に死ねる』そうです。インターネットは、とても便利なもので、このブログもインターネットがないと書けませんし、私自身買い物や調べ事をする時にはよくインターネットを利用します。しかし、時にはインターネットは犯罪を生み出してしまいます。テレビ、ラジオなどとは違って、簡単に世界の不特定多数の人に情報を発信でき、双方向性が強いためあっという間に情報は広がっていきます。これは、インターネット最大の長所でもあり、また短所でもあるといえると思います。そして、マスコミの報道も加わり、連鎖反応が起こっているのでしょう。

『硫化水素自殺』は、本人だけでなく周りの人も巻き添えになる危険性を含んでいます。これまで、150人以上の方が巻き添えをくらったそうです。また、ホテルや密集した住宅街では避難騒ぎもおきています。自殺者が「硫化水素発生中」の貼紙をしているケースも多いようですが、楽に死ねるからといってもどれだけ他人に迷惑をかけるのかをわかっているのでしょうか。

人は、時には死にたいと思うこともあるでしょう。しかし、死んで何になるのでしょうか。楽になりたいからですか?この世に人間として生まれてくることだけで奇跡だとは思いませんか?私は思います。まずこの地球という星にいること、そして、多くの地球上にいる生き物でも高知能をもった人間に生まれてきたということ。両親がいなかったらまず生まれてくることは無かった可能性が高いということ。人間の男性は一生のうちに1兆個から2兆個の精子をつくるといわれてます。その中からせいぜい人間として生まれてくるのは現在の日本人ならばせいぜい二人、多くて三人です。この世に人間として生まれてくるということは超奇跡だとは思いませんか。だから、命は尊いものなのです。簡単に自分から命を絶つことは今の私には考えられません。

私のブログでも度々取り上げたドキュメンタリー「愛してるよ、カズ」、一昨日放送された「余命一ヶ月の花嫁」をみて、一生懸命生きなきゃと感じます。たしかに、死にたいと思うほど辛い時は私も何回もありました。しかし、今は死にたいという言葉は口にもしたくないし、辛くても一生懸命生きようという意志のほうが強いのです。二年ほど前小中学生の自殺が大きく報道されている時に、自殺のことについてブログを書き、そして「愛してるよ、カズ」や「余命一ヶ月の花嫁」などのテレビ放送をみて命の尊さを深く考えました。もし、自殺をしたいという人が検索でこの記事をご覧になっていたら、「愛してるよ、カズ」、「余命一ヶ月の花嫁」というドキュメンタリーを観て下さい。「愛してるよ、カズ」でしたら私がDVDに録画してますので連絡ください。

私は、去年サルコイドーシスという難病指定の病気を発症しました。現在病変は肺のみで幸い自覚症状もほとんどなく過ごしていますが、悪化するという可能性が無いとはいえません。心臓のほうに病変ができれば突然死する可能性もあります。突然の事故によって死ぬ事だって考えられることです。だからこそ、今を一生懸命生きたいと思っているのです。はっきり言えば、今の私の人生は決して順調とはいえません。しかし、弱音を吐いてはいられないのです。

『硫化水素自殺』から脱線してしまいましたが、とにかく毎年3万人という方が自殺しているという現状を早く改善していくことが急務であると思います。

今回の『硫化水素自殺』は、インターネットが発端で広まったともいえるでしょう。自殺関連のサイトは多くあると思います。そして、自殺誘発するような書き込みをしているサイトも多くあるでしょう。有害サイトといっていいと思います。警察庁も、プロバイダーに硫化水素の作り方を書き込んでいるサイトの削除を要請しているようですが、法的に強制力がなく完全に無くすことはできないようです。

今後少しでも、自殺者が減り、今日の厳しいストレス社会から解放され、多くの人が希望を持てるような日本になってほしいと思います。






FC2 Blog Rankingに登録しました。よろしければクリックお願いいたします。今後の更新の励みになります。

c_01.gif



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©ぼんでんの徒然日記Ⅱ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。